パタヤのMAX MUAYTHAI STADIUMで格安でムエタイ観戦チケットを入手する方法をご案内します。

サワディーカップ❗️

夏休みでタイはパタヤに行ってきました。

毎日暑い日々から脱出だ〜❗️って…やって来たタイも同じ夏なんですよ。

なおかつ…雨季でございます。

ちーんwww

暑さを吹っ飛ばす為に熱い戦いを観にムエタイ観戦へ❗️

そのまえに、ムエタイとは⁉️

スポンサーリンク

ムエタイは、格闘技の一種で発祥はタイです。

ムエタイ選手は両手や両ひじ、足と膝の8箇所を使って相手と戦います。

タイでは一般的なスポーツでして、貧困層から抜け出そうと、子供達が習う光景もかなり多いいようです。

試合の勝敗を賭けて、お金をかけるギャンブルにもなってます。

僕が観に行った時もリングサイドでは現地の人達が賭けをして盛り上がってましたね〜。

という事もあり、ムエタイはタイ国内で社会的ステータスが低くて、貧困層のスポーツだと思われているみたいです。

通常2000バーツのチケットが1500バーツと格安で購入する方法をご案内させていただきます。

ムエタイ観戦のチケットは現地の物価等を考えても、かなり高価でタイの皆さんも「観たいんだけど、高いからテレビで我慢するんだ〜」って言っておりました。

そんな、お高いチケットを少しでも安く入手出来ないかと…。

マックスムエタイスタジアム1

人生初の格闘技観戦でございます。

行く前は「ムエタイジムで観る試合でしょ⁉️」程度としか考えてませんでした。

伺ってみると…

マックスムエタイスタジアム外観

会場はしっかりした建物で、本格的な雰囲気が漂っておりまする❗️

現地会場でチケットを購入した場合は2000バーツと定価販売なのですが…

マックスムエタイスタジアムのスケジュール

ツアー会社を通して予約すると、ホテルからの送迎が付いて1500バーツ(2人以上で送料無料との事です)でした❗️

これはツアー会社を使わないと損しますね。

↓↓お願いしたツアー会社はこちらです↓↓

こちらのツアー会社でチケットを購入したんです。

初のムエタイは「VIP席❗️」で観戦

マックスムエタイスタジアム、ツアー会社のチケットと当日のチラシ

チケットを手に入場して座席につくと…リングサイドの1番前の席です⁉️

よくテレビでボクシングの試合を観てると、芸能人とかが座ってる所ですよ…

たまたまかも知れませんが、僕のチケットにはVIPのシールが押されてます。

それで試合開始前からテンションマックスでございます❗️❗️

観戦したのはマックスムエタイジム

↓↓スタジアムの場所はこちら↓↓

マックスムエタイジムのフェイスブックページもあるみたいなので、スケジュールの確認も出来ますね〜。

MAX Muay Thai、パッタヤー - 「いいね!」380,130件 · 23,107人が話題にしています · 40,985人がチェックインしました - MAX Muay Thai

ムエタイの試合風景

さあ肝心の試合の観戦ですが、、、

まずは会場内の正面には大きなモニターが。

ムエタイモニター

各試合の案内から選手の紹介や今までの成績などなどが、こちらに出てきます。

僕が観に行った時は2人海外からの選手が出場しておりました。

イタリア🇮🇹と中国🇨🇳の選手でしたね〜。

中国からの応援団⁉️の皆様が多数来場してまして、中国人選手とタイ人選手の試合は逆にアウェイで試合をしてるかの如くな声援でしたよ。

試合に関してですが、全部で7試合ありまして、各試合が3ラウンドでおこなわれてました。

テレビ放送もしてるみたいで、会場内は満員御礼でしたね。

センターのモニターだけじゃなく、天井にもディスプレイがあり映像と音で試合前から盛り上げてくれます。

ムエタイモニター2

選手が入場すると大声援で盛り上がります❗️

各コーナーに分かれてレフリーからボディチェックや禁止事項を聞かされてるんでしょうかね。

ムエタイリングサイド

BGMが流れる試合は迫力満点

さぁ、待ちに待った試合開始です。

「カーン❗️」

リングサイドの鐘の音が聞こえると⁉️

ムエタイはBGMが流れるんですね〜❗️❗️

リズムにチャルメラみたいな笛の音楽が大音量で流れだすんです。

てっきり、ボクシングみたいに無音でやってるのかと思ってました。

さて、試合はというと…それは迫力が凄いです❗️

ムエタイ試合

クリンチした時はヒザ蹴りが飛びます飛びます❗️

ムエタイ試合2

トータル7試合観たんですが、3試合ほどノックアウトがあったので見応え抜群でした。

リングサイド横の立ち見エリアでは、タイ人の皆さまが賭博をしてます。

市場のセリみたいに手を上げて、指先で合図❓みたいなのを出し合ってました。

各試合の最後に賞金が出る場合があるみたいなんですが、ノックアウトした試合もあったのに全て「NO PRIZE(賞金無し)」でした。

帰りぎわに入り口で出場選手達と記念撮影も可能みたいです。

ムエタイ記念撮影

いやいや、リングサイドのVIP席でムエタイ観戦をして有意義な時間を過ごす事が出来ました。

いつも最後まで読んで頂きありがとうございます。

Posted from SLPRO X for iPhone.

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする